Krita財団を手助けしてください! Donate now

新しい安定版リリース: Krita 3.3.3

公開    2018/1/13

今日Krita 3.3.3をリリースしました。これはおそらくKrita 3シリーズでの最後の安定版リリースになるでしょう。このリリースには数個のバグ修正とWindowsユーザにとって大事な変更が含まれています:

  • Intelユーザ向けにはDirect3d/Angleレンダラが新しいデフォルトになりました。Intelディスプレイドライバの最近のアップデートで以前よりさらに多くのPCでKritaに支障が出たため、この回避策をデフォルトにするほうが望ましいと考えました。パフォーマンスがわるくなったと感じたら、手動でOpenGLを有効にしてみることも可能です。

その他の修正と機能改善:

  • RGB画像でグレースケールレイヤーを使用している時に選択できない合成モードがあった問題を修正
  • WindowsのKritaからバグを報告する際にOSとプラットホーム情報を自動で設定するようにしました
  • 特定色選択ドッキングパネルでパーセント形式での色指定を可能にしました
  • IntelのGPUを使用している場合に、OpenGLの警告を行いANGLEをデフォルトにするように変更しました
  • レベルフィルタに反転ボタンを追加
  • PSDからグループレイヤーのスタイルの読み込みと保存を実装
  • ブラシツールに戻った時に、消しゴムモードが正しく表示されないことがある問題を修正
  • 個々の補助線の可視状態を.kraファイルに保存するように修正
  • 定規メモリを2の乗数で描画するオプションを追加
  • 移動、変形ツールの時の自動スクロールを無効に変更
  • ペンとWindow Ink API使用時のマウスイベント処理方法を改善
  • ズームジェスチャの中心ポイントを修正
  • コメント付きnetpbmファイルの読み込みを修正

ダウンロード

Windows

Windowsユーザーの皆さんへ:もしクラッシュする事案に遭遇した場合は、この案内(英語) に従いデバッグシンボルをKritaに追加してください。これによってKritaがクラッシュした原因をログから解析できるようになります。

Linux

(なぜかFirefoxはテキストとして読み込もうとするようです。ダウンロードするにはリンクの右クリックから保存してください) 更新がされると、Ubuntuと派生ディストリビューションではKrita Lime PPAからもKrita 3.3.3をインストールできるようになります。snapの更新については作業中です。

OSX

注意: gmic-qtとpdfプラグインはOSXで利用できません。

ソースコード

md5sums

すべてのダウンロード向け:

キー

Linux appimageとソースのtarボールは署名されています。パブリックキーをhttps経由で取得できます: 0x58b9596c722ea3bd.asc 署名は こちら

Kritaを支援してください

Kritaは自由なオープンソースのプロジェクトです。寄付トレーニングビデオやアートブックの購入で、プロジェクトを支援することを検討してみてください!皆様の支援によって、コアチームがフルタイムでKritaの開発作業を続けることが可能になります。

Kritaメーリングリスト

新しいダウンロードとリリース情報をお知らせします。セールや期間限定といったゴミ情報は一切送りません。素敵なものだけをお届けします!