Krita 3.1.4リリース

公開   2017/5/28

Krita 3.1.4をリリースしました。これは純粋にバグ修正リリースですが、すべての人にアップデートを推奨します。

  • OpenGLを無効にした場合、アニメーション再生時に起こるクラッシュを修正
  • 指定したフォルダが存在しない場合のアニメーションフレームレンダリングを修正
  • タブレット/画面解像度の不一致ダイアログを複数回開かないように修正
  • 変形ツールで小さすぎる場合はプレビューをスケールダウンしないように修正、変形ツールでの珍しいクラッシュが修正されます
  • ドキュメント変更中に最後のドキュメントの最後のビューを閉じようとした場合のクラッシュを修正
  • カラータグがあるレイヤー間を早く切り替えた時のクラッシュを修正
  • いくつかのGimp 2.9ファイルの読み込みの問題を修正。Gimp2.9ファイル形式は公式にはKritaでサポートされていないことに注意してください
  • マクロ記録プラグインを完全に削除。3.1.4ではメニューだけが残っていました。
  • 新規画像ダイアログでテンプレート選択部分を非表示にできないように変更しました。テンプレート選択部分を非表示にするとダイアログのキャンセルボタンも非表示になります。

ダウンロード

KDEダウンロードサイトはアップデートされてhttpsをサポートするようになりました。

Windows

Windowsユーザーの皆さんへ:もしクラッシュする事案に遭遇した場合は、この案内(英語)に従いデバッグシンボルをKritaに追加してください。これによってKritaがクラッシュした原因をログから解析できるようになります。

Linux

(なぜかFirefoxはテキストとして読み込もうとするようです。ダウンロードするにはリンクの右クリックから保存してください)

Ubuntu App Store向けのsnapイメージは近日中に利用可能になります。 Ubuntuと派生ディストリビューションではKrita Lime PPAを使ってKrita 3.1.4をインストールすることも可能です。

OSX

ソースコード

md5sums

すべてのダウンロード向け:

Key

Linux appimageとソースのtarボールは署名されています。パブリックキーをhttps経由で取得できます:
0x58b9596c722ea3bd.asc
 署名は こちら

Kritaを支援してください

Kritaは自由なオープンソースのプロジェクトです。寄付トレーニングビデオやアートブックの購入で、プロジェクトを支援することを検討してみてください!皆様の支援によって、コアチームがフルタイムでKritaの開発作業を続けることが可能になります。

Share on Google+0Share on LinkedIn0Pin on Pinterest0Share on Reddit0Share on Facebook0Share on Tumblr0Tweet about this on TwitterShare on VK

Kritaメーリングリスト

最新版のダウンロードリンクや予告情報をお知らせします。セールスや期間限定の何やらの類のメールを送ることはありません。基本的にいいことだけです。