Krita 2018スプリントの報告

公開    2018/5/28

この週末に、世界中からKritaの開発者とアーティストがチーズを買いに穏やかな地方都市のDeventerにやってきました…じゃなかった、Kritaに関するすべてを話し合って、いい仕事をするために集まりました!とはいえ、オランダで一番のチーズショップはここDeventerにあります。そしてKrita財団の本部もあります!木曜日に開始して、最後の人が今日去っていきます。

Image by David Revoy

こうしたイベントはとても重要です。真剣な討論とコーディングだけではなく、ランチもディナーや散歩も含めて顔を合わせることで、#kritaのIRCチャンネルに戻ってもコミュニケーションが取りやすくなるのです。大きなスプリントは2017年には行わず、最後の大きな集まりは2016でした。

では… 何をしたのでしょうか?まず以下のトピックを長いミーティングで話し合いました:

  • 2018資金集めキャンペーン. 現在のところ、一か月に約2000ユーロほど寄付で受け取っていて、約80人の開発サブスクリプションメンバーがいます。これはとても素晴らしいことで、Dmitryさんの仕事対価の支払いのために大いに役立っています。しかしながら毎年の資金集めキャンペーンを復活させたいとも思っています!今のところ9月を目指しています。資金集めキャンペーンはいつでも楽しくコミュニティに活力を与えて一つにまとめ上げるものです。しかし、Kickstarterは使いません。この方式は少しくたびれてしまいました。その代わりに、もっとお祭りやお祝いのような形で行える方法を探しています。今回はキャンペーンでは機能開発を目標にしません。というのも…
  • 今年の狙いは: zarro bugsです。この言葉はBugzillaで検索でバグが1つも見つからなかったときに表示されるものです。 ここ数年、数多くの機能を開発し、KritaをQt5に移植し、膨大な量のコードを書きあげました。ただすべてが完了したわけではありません。多くのバグレポートもオープンのままで、ユニットテストも失敗するものが多くあり、pvsの恥ずかしいヒットがあったり、途中のままの機能もあります。ですので今年の目標はそれらに取り組むことです。
  • 残りの仕事: もう一度戻って対処する必要がある残り仕事をはっきりさせました。アーティスト達に、トピックのランク付けをお願いした結果がこちらです:
    • Boudewijnは以下を行います:
      • リソース管理の修正 (https://phabricator.kde.org/T379).
      • ショートカットとキャンバス入力の統一と関連バグの修正
      • G’Micインテグレーションの改善
    • Dmitryは以下を行います:
      • マスクと選択
      • テキストレイアウトエンジンの改善、OpenTypeサポート、縦書きテキスト、SVG2テキスト機能など
      • SVGの残り: フィルタとパターンのサポート、windingモードとグループ化
      • レイヤースタイルの残り
    • Jouniはアニメーションの残り作業を行います:
      • フレームサイクルとクローン
      • 変形マスク補間カーブ
    • Woltheraは以下を行います
      • 足りないスクリプトAPIについての情報集約
      • カラーグレーディングフィルタ
  • リリース. Krita 4.1.0を6月20日にリリースしたいと思っています。また、毎月バグ修正リリースをしたいと思っています。KDEのシステム管理者と話をして、リリース前に安定ブランチのナイトリービルドを出せないか検討しています。Krita 4.1には多くのアニメーション機能、アニメーションキャッシュスワップ、セッション管理、参照画像ツールなどなどが含まれます!

またリソース管理の修正プランについても話しました。OpenGLキャンバスがよりスムーズに動くように開発も行いました。特にまだスムーズではないmacOSでの動作を改善しました。また、Windowsインストーラにffmpegを追加し、翻訳の問題を解決し、自動保存の信頼性を改善し、アニメーション関連のバグを直し、カラーグレーディング用の複数チャンネルカーブを実装しました。また、参加していない開発者もOpenEXRファイル読み込みを改善(マルチスレッド化しました)し、カラーピッカーの問題を修正し、コードを単純化し、アニメーションタイムラインの改善を行いました!

それだけではありません。WoltheaとTimotheeとRaghukamathがマニュアルをSphinxに移植したので、オフライン版のドキュメントの生成と、翻訳のサポートが可能になりました。マニュアルは1000ページ以上あります!

今回がスプリント初参加だった人も3人います。アーティストのRaghukamath、Windowsのエース開発者Alwin Wongと、KDE Plasmaデスクトップタブレット設定ユーティリティのメンテナのValeriy Malovです。Valeriyは週末にCintiqのようなデバイスのサポートを改善しました。

もちろん散歩や、チーズ購入や、なじみの場所De Rode Katerでのランチの時間もありました。日曜日には太陽も輝きました!そしてまたコーディングに戻る時です!

Image by David Revoy.

The 2018 KritaスプリントはKDE e.V. (旅費)とKrita財団(宿泊と食費)によってスポンサーされました。

 

Kritaメーリングリスト

新しいダウンロードとリリース情報をお知らせします。セールや期間限定といったゴミ情報は一切送りません。素敵なものだけをお届けします!