Krita 2.9.8リリース

公開   2015/10/14

Krita 2.9の8個目のバグ修正リリースです! まだバグ修正と機能追加も行っていますが、KickstarterゴールとKrita3.0の移植作業にも多くの労力を注ぎ込んでいます。Ubuntu LinuxユーザはKrita Lime repository から「krita-lod-unstable」パッケージをインストールして、初期のアニメーションサポートとLODパフォーマンス向上のテストを行うことができます。表示(View)メニューのLODオプションにチェックすると、多くのブラシや機能が、大きな画像でもパフォーマンスが改善するはずです!

とはいえ、普段の作業については、Krita 2.9.8にアップデートをお願いします!Photoshopスタイルのレイヤースタイル機能、および、OpenEXR、TIFF、PNGとJPEGの読み込み書き出しについて、重要な修正が含まれています。

  • 新しいレイヤー追加のパフォーマンスを向上(空の新しいレイヤを追加してもKritaが画像全体を更新する必要はない)
  • 明るいテーマ、暗いテーマに合わせてパススルーのアイコンを修正。また、いくつかのアイコンを縮小
  • BUG:353261: 画像回転とレイヤー回転の用語を統一
  • BUG:353248: 特定種類のグラフィックタブレットを使った時のクラッシュを防止
  • BUG:352916: ケージ変形処理のクラッシュを修正
  • レイヤーを隠した時の描画速度の向上
  • シェイプ/ベクターレイヤー使用時のクラッシュを修正
  • BUG:352734: 単独レイヤーのEXRファイルの保存を修正
  • BUG:352983: 複数レイヤーのEXRファイルの読み込み時のレイヤー順番を修正
  • BUG:352734: 複数レイヤーとトップレベルチャンネルがあるEXRファイルの読み込みと保存の両方をサポート
  • BUG:310359: L*a*b TIFF画像の読み込みと保存を修正
  • TIFFとJPG書き出しフィルタに「Save Profile」(プロファイル保存)のチェックボックスを追加。これでTIFF、JPG、PNGにプロファイルを埋め込まずに帆zんすることが可能になります。
  • BUG:352845: スムージングオプションの保存を1回だけに修正
  • ランダムノイズを使ったPhotoshopのレイヤースタイルを修正
  • Photoshopスタイルのレイヤースタイルのパフォーマンス向上

ダウンロード

Share on Google+0Share on LinkedIn0Pin on Pinterest0Share on Reddit0Share on Facebook0Share on Tumblr0Tweet about this on TwitterShare on VK

最新版のダウンロードリンクや予告情報をお知らせします。セールスや期間限定の何やらの類のメールを送ることはありません。基本的にいいことだけです。