アーティストインタビュー – Lucas Ribeiro

公開   2015/9/14

received_855058494564643

自己紹介をおねがいできますか?

こんにちは。私は24歳のブラジルのアーティストで、サンパウロに住んでいます。既婚者で3人兄弟の長男です。子供の時に母親が鉛筆でポートレートを数多く描いているのを見て、何年も後に自分でもやってみたいと思うようになりました。絵を描くことを学ぶのは不可能ではないと見て知ったからです。13歳の時に鉛筆画をはじめましたが、20歳になるまで真剣には取り組みませんでした。デジタル絵と水彩画をはじめて、独学で絵のスキルを磨きました。今では本の表紙を描き、キャラクターデザインも、サンパウロの行政のマスコットを行い、最近はグラフィックデザインもしています。Kritaを主に使っていますが、以前にはGIMP、MyPaint、ArtRage、Sketchbook Pro、SAIも使っていました…ただKritaは私の必要とすることについて他のものよりピッタリしているのです。

絵を描くのは仕事としてですか、それとも趣味としてですか?

私はフリーランスの仕事を増やしているところです。つまり、私は趣味と仕事を一つにしていることになります。ありがたいことです。ですので、仕事と趣味、両方です。

どのようなジャンルの絵を描いていますか?

私は様々なスタイルを取り入れていますが、ファンタジーと、PixarやDreamworksのような少しリアル要素入りのカートゥーンスタイルがお気に入りで、もっとこうしたスタイルのものに専念しようと思っています。

どのような作品に影響されていますか?アーティストとしてのロールモデルは?

そうですね、リストにするととても長くなります。映画や本にインスピレーションを受けます。ロード・オブ・ザ・リング、スターウォーズ、ディズニーアニメ映画などです。どんなものからもインスピレーションを感じることがあります。歌からも、旅行からもです。ただ、アーティストという意味では、オープンソースツールで素晴らしい作品を作っているDavid RevoyとRamon Mirandaは是非挙げたいです。

はじめてデジタルペイントを試したのはいつで、どのような感じでしたか?

確か、90年代のMSペイントが最初だったと思います。その時はマウスを使っていたのですが、何かあまりうまくないものを描いていた幸せな子供でした。真剣に絵を描くようになってからは、Gimp Paint Studioの話を聞いて試してみました。それから他のツールも試すようになりました。

どうしてアナログな絵画技法よりデジタルを選んだのですか?

実のところ、鉛筆、ペン、水彩での絵も多く描いています。ですが、デジタルでは組み合わせに無限の可能性があり、コストを考えずに実験ができます。(お金も時間の意味でも)

FB_IMG_1439759834844
Kritaを見つけた経緯は?

GIMPでのお絵かきの資料やアドバイスを探していたら、David RevoyさんがKritaを使って無料の「ペッパー&キャロット」ウェブコミックを製作しているのを見つけました。絵を見て、感銘を受けました。素晴らしいです。

第一印象はどうでしたか?

ブラシはとても自然な感じで、実際のブラシと同じような感触がします。色のブレンドは独特です。それについてはPhotoshopには比べられるものがありません。Kritaで絵を描く体験は自然でスムーズでした。過去のバージョンのKritaでは私のラップトップで少し重いところがあったとしてもそう思いました。

Kritaのどこが好きですか?

一番好きなのは、ブラシエンジンと変形ツールです。今現在、市場にあるもので最高だと思います。ブラシエディターも直感的で強力です。

Kritaのどこを改善する必要があると思いますか?困っていることはありますか?

スピードの改善でしょうか。高解像度でレイヤー数を増やすとそう思います。

他のツールと比べてKritaを特別にしているのはどんなことだと思いますか?

ブラシの感触です。他のペイントツールでは比べ物になりません。とても自然で、デジタルツールを使っているというより、ただ普通に絵を描いている感触がします。

今までKritaで描いた作品の中で一番のお気に入りを選ぶとしたらどれですか?

毎日、私は新しいイラストや習作を描いています。ですが、選ぶとしたら「ギャングスタパグ」です。Wetブラシを多用しています。現実の水彩ととても似たブラシです。実際の画材と基本的に同じワークフローです。

FB_IMG_1439772527743
どのようなテクニックとブラシを使いましたか?

Wetブラシや、乗算やオーバレイ合成モードのエアブラシなどです。私が大体使うのはMusesブラシパックとDavid RevoyさんのV6ブラシパックです。

あなたの作品をもっと見るには?

近いうちに新しいウェブサイトとポートフォリオを用意するつもりです。ただ今のところはbehanceとfacebookにページがあります。今の私の作品の90%はKritaで作成しているので是非リンクをたどって訪問してください。グラフィックデザインといったことについてはInkscapeとBlenderを使っています。

ポートフォリオ: behance.com/lucasdreams 
私のページ: facebook.com/lucasvisualart

他に伝えたいことはありますか?

facebook (fb.com/lucasdreams) で私を追加したり、メール (lucas.visualart@gmail.com) して、あなたの感想をいただけるとうれしいです。もしまだKritaを使っていない人がいれば、是非試してみてほしいと思っています。私はKritaは市場に出ているツールで一番だと思っています。VFXペイントでも、イラスト、コミック、コンセプトアート、ただのお絵描きとスケッチであっても、生産性が高いツールなのです。

Share on Google+0Share on LinkedIn0Pin on Pinterest0Share on Reddit0Share on Facebook0Share on Tumblr0Tweet about this on TwitterShare on VK

最新版のダウンロードリンクや予告情報をお知らせします。セールスや期間限定の何やらの類のメールを送ることはありません。基本的にいいことだけです。