Kritaの開発資金について

公開済   2016/5/23

Kritaの開発資金について

このkickstarterを行っているのはKritaの開発資金を集めるためです。言うまでもないことかもしれませんが、実際に開発資金を集める活動を行うフリーソフトウェアプロジェクトというのはまだ珍しいものです。我々の母体プロジェクトであるKDEは資金募集を行っていますが、それは開発者ミーティングを可能にしたり、インフラ(例えばこのKritaのウェブサイトなど)の資金のためであり、KDEは開発者にお金を出すことはしていません。他のプロジェクトもそうした試みはしていなかったり、個々の開発者にまかせていたりします。その一方で、Blenderのように、開発資金集めにおいて多くの経験を持つプロジェクトもあります。

我々はBlenderから学んでいて、長年資金を集めた開発を行っています。最初の資金募集ではLukas Tvrdyが数か月フルタイムで開発できるように資金を集めました。この資金による開発によって、Kritaは遅くバグの多い状態から日々の作業で使えるソフトへと飛躍的な進歩を遂げることができました。

2013年以来、Krita財団はDmitry KazakovがフルタイムでKritaの開発を行えるよう支援しています。少し自慢していいのなら、Blenderといったプロジェクトに比べるとはるかに小さなプロジェクトである我々がこうした支援ができる、というのはとても素晴らしい成果です。この支援の結果は明らかでしょう。毎回のリリースは、過去のリリースを時代遅れに見せるほど進化しています。2015年からは、Krita財団は私、Boudewijn Remptにも支援を行って、週に3日Kritaの作業を行えるようにしています。残りの3日間は別の仕事をしています。まだローンを払うのに十分なお金はKritaから得られていません。

では、Krita財団の収入と支出を見てみましょう。

収入:

krita-foundation-income-20152016

  • Kickstarter: 去年のKickstarterは約35,000ユーロという結果になりました(この結果から今年のゴールは30,000に設定していて、達成できると信じています!)
  • 開発基金を通じた毎月の寄付: 毎月約350ユーロ、年間では4200ユーロ
  • SteamでのKrita配信: 毎月約500ユーロ、年間では6000ユーロ
  • Paypal経由の単発の寄付: 毎月約500ユーロ、ただしKickstarterの月には激減するので、年間では約5000ユーロ
  • トレーニングビデオの売り上げ: 毎月約500ユーロ、寄付と同じくらいの感じで、年間では5000ユーロ程度

去年はさらに特別な一回限りの寄付が合わせて20000ユーロありました。そのうちの一つはQt5への移植を指定したものでした。

合わせると、年間で約60000ユーロの収入になりました。企業スポンサーがついていないフリーソフトプロジェクトにしては悪くないと思います!活動に必要なお金のことを考えなければ悪くないと思います!

さて、次はお金を使うことについてです!

krita-foundationoutgo-20152016

  • 開発者支援: Dmitryと私を合わせて、年間約42,000ユーロです。はい、我々は安いでます。もしKritaを企業で使っていて、開発を必要とする機能があれば、是非連絡してください!
  • ボランティアへの支援: Kritaに尋常ではないほどの時間を費やしてくれているボランティアが何人もいます。例えば、すべてのKickstarterリワードの準備と発送作業などのボランティアです。オランダの法律ではそうしたボランティアにちょっとした報酬を送ることが可能で、大体年間で3000ユーロになります。
  • ハードウェア: 世の中に存在するすべてのタブレットを買うことはできないので、それにはお金を使っていません。実のところ、WacomやHuionやYiynovaといったタブレット製作会社はテストするためのハードウェアを我々に送付して支援してくれています!ただ、OSXのサポートを目指すことを決めた時に、Macが必要でした。また、AMDのCPU/GPUでの大きな問題が報告された時に、テストマシンが必要でした。およそ2500ユーロです。
  • ミニスプリント: これは少人数の集まりです。Google Summer of Codeの学生と私とDmitryが集まってプロジェクトの準備をしたり、Woltheraと私が一緒にKickstarerの準備をしたり、というものです。大体年間1000ユーロです。
  • ビデオコース製作: 毎年約3000ユーロを使って新しいトレーニングビデオコースの作成を行っています。今年はアニメーションについてのトレーニングを作成することになります!
  • Kickstarterリワード、郵送費、管理コスト: 7000ユーロ

つまり、合わせると大体支出は… 57,500ユーロになります。

言い換えると、Mr. Micawber の言葉によれば我々は幸福なはずです!「年収が20ポンドで年間の支出が19ポンド6ペンスなら幸福だ。年収が20ポンドで、支出が20ポンドと6ペンスなら、悲惨な結果と言えるだろう。」

とはいっても余裕は少なく、まだまだ成長の余地があります!そして、Kritaに関する私の個人的なゴールは変わりません。これからの1,2年で、収入と支出を二倍にしたいと願ってます。

Share on Google+0Share on LinkedIn0Pin on Pinterest0Share on Reddit0Share on Facebook0Share on Tumblr0Tweet about this on TwitterShare on VK

Kritaメーリングリスト

最新版のダウンロードリンクや予告情報をお知らせします。セールスや期間限定の何やらの類のメールを送ることはありません。基本的にいいことだけです。