Kritaを使用した初のアニメーション作品が近日公開:Roda Pantura(パントゥラの車輪)

公開   2015/12/17

インドネシアのアーティストHizkia Subiyantoro(ヒズキア・スビヤントロ)氏が現在短編アニメ作品「Roda Pantura(ロダ・パントゥラ/パントゥラの車輪)」を制作中です。完成予定は2016年1月末です。

この作品のテーマは「PULANG MALU, TAK PULANG RINDU(プラン・マル、タク・プラン・リンドゥ/恥ずかしくて家には帰れないが、家に帰れない寂しさは耐えがたい)」です。この作品は経済危機の中、家族を養うことに苦労する貧しいトラック運転手の物語です。仕事の苦しみから、彼はジャワ島北海岸に沿って伸びる高速道路パントゥラとアルコール、ギャンブル、遂には売春までにおぼれてゆく生活に巻き込まれていきます。

この作品での全てのコンセプトアート、線画、色塗り、2DアニメーションはKritaを使って行われ、コンポジットと動画編集はBlenderの力を借りています。ヒズキア氏は「Kritaは私にとって一番のソフトウェアだ。とても滑らかなブラシエンジンがいいです。使いやすいですし、たくさんの人たちがそのブラシを共有しています。この作品のコンセプトは熱帯の、汚れて、不完全で、色鮮やかといった感じです。」

こちらが作品の絵とアニメーションの制作過程を映した動画です。

「パントゥラの車輪」はフランスのアヌシーで2015年6月に開催されたアヌシー国際アニメーション映画祭のピッチセッションで発表された作品です。

Facebookアカウント及びヒズキアのサイトをぜひご覧ください!

Share on Google+0Share on LinkedIn0Pin on Pinterest0Share on Reddit0Share on Facebook0Share on Tumblr0Tweet about this on TwitterShare on VK

最新版のダウンロードリンクや予告情報をお知らせします。セールスや期間限定の何やらの類のメールを送ることはありません。基本的にいいことだけです。